【完全版】リスクウォレット(lisk nano wallet)の作り方と使い方

 

こんにちは!@勇者コインです。

ビットフライヤーで運用開始したLisk(リスク)。

でもコインチェックのようにずっと取引所に置いておくのも、どうなるか分からないですし怖いですよね。

ということで、取引所からウォレットに移したいときの参考に。

リスクのウォレットの作成方法や、使い方をまとめました。

 

Liskのウォレットのおすすめ「lisk nano wallet」

リスクのウォレットはいくつかありますが、中でもおすすめなのはデスクトップウォレットの「Lisk nano wallet」です。

デスクトップウォレットとは

デスクトップウォレットはPCにウォレットをダウンロードして取引するタイプ。 

他にもスマホアプリの「Lisk wallet by Freewallet」や「Lisk Wallet Sponsored by GDT」がありますが、「Lisk nano wallet」は公式が出してるウォレットなので信頼できます。

もちろんアプリと併用しても良いですが、メインで使うには公式から出てるLisk nano walletがおすすめ。

あと後ほど書きますが、公式のLisk nano walletからVOTING(投票)が行えるので、ウォレット内のLSKを増やすことができます。

(アプリならLisk Wallet Sponsored by GDTが見やすいしVOTINGもできるのでアプリだったらLisk wallet by Freewalletよりかはこっちの方が良い)

 

またLisk nano walletは画面も見やすくて使いやすいというおまけ付き。

ということでリスクの一押しウォレット、Lisk nano walletの作成方法を記していきます。

 

lisk nano walletの作り方

まずは公式サイトのウォレットのダウンロードページへ。

https://lisk.io/download

 

ページの真ん中あたりにLisk Nanoと書かれてるところがあるかと思います。

そこにWindows、macOS、Linuxのマークがあります。(赤で囲った部分)

あなたのお使いのOSに合わせて、それぞれのボタンをクリックしてください。

ダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了したらダウンロードした「lisk-nano~exe」をクリック。

 

Lisk nano walletが表示されます。

「NEW ACCOUNT」をクリック。

更に「NEXT」をクリック。

 

マウスをカチャカチャ横に動かすことで、ランダムのパスフレーズを作成してくれます。

青いラインが一番右端までいったら作成完了です。

その際には「NEXT」が押せるようになるので、「NEXT」をクリック。

実際のパスフレーズは非表示にしてますが、

Save your passphrase in a safe plece

と書かれた下に12の単語のパスフレーズが表示されてます。

 

12単語のパスフレーズは非常に重要です。

 

パスフレーズが盗まれてしまうと誰でもリスクのウォレットに入れてしまうので厳重に保管するように。

それにリスクのウォレットはこのパスフレーズをログインするときに毎回入力する必要があります。

なので紙に書いて保管するのも良いですが、別のUSBなどにテキストに入力したのを保管して、コピペして開けるようにすることを推奨します。

 

パスフレーズを忘れてしまった場合、パスフレーズをリセットすることはできません。

Lisk nano walletを使う大事なキーになりますので無くさないよう気を付けてください。 

 

パスフレーズを保管できたら「YES! IT’S SAFE」をクリック。

 

パスフレーズの確認画面に移ります。

12個の単語の中で何も書かれてない箇所があります。

その単語を Enter the missing word に入力をして、「LOGIN」をクリック。

これでリスクのウォレット作成完了です。

 

ビットフライヤーからlisk nano walletへの入金方法

次にリスクのウォレットへ入金する方法を解説します。

ビットフライヤーが運営開始されたので、ビットフライヤーからの送り方を紹介したいと思います。

まずは「RECEIVE LISK」をクリックしてください。

 

リスクウォレットの入金アドレスとQRコードが表示されます。

右下の「COPY ADDRESS TO CLIPBOARD」をクリックするとアドレスがコピーされます。

これをビットフライヤー側のアドレスに貼り付けます。

 

ビットフライヤーの入出金画面を開いて。

「LSKご送付」を開いてLSKの送金画面を表示させます。

 

あとは以下の画面のように

  • ラベル → 分かりやすいウォレットの名前をつける
  • リスクアドレス → 先ほどコピーしたアドレスを貼り付ける

そして、「追加する」を押します。

二段階認証を設定してたら6桁のコードを入力し、「確認」。

あとは作ったラベルをチェック、

送りたいLSKの額を入力して赤いボタンの「リスクを外部アドレスに送付する」をクリック。

送金時も、二段階認証の設定をしてたら二段階認証の6桁を入力して、「送付を確定する」を押します。

 

Lisk nano walletに送金履歴が確認できたら無事着金です。

 

まずは少額で送れるか確認を!!

どんなウォレットでも共通して言えるのが、いきなり大金をぶっこまないこと。

1LSKなどまずは少額送ってみてウォレットに届くのかをチェックしてから送付するようにしましょう。 

 

リスクウォレット(lisk nano wallet)から送金する方法

次に送金方法について。

送金の前に、入金をしたらLisk nano walletに以下のような青い画面が表示されます。

1LSKを自分のウォレットに送ってアカウントの初期化が必要と書かれてますので、その通りに行います。

「initialize accout」のボタンをクリック。

 

アドレスと送金額の1LSKは自動で入力されてるので、そのまま「SEND」を押しましょう。

無事、送金できたら緑色のSuccessの画面が表示。

これでアカウントの初期化はOK。(初期化といっても入金したLSKが無くなるわけではないのでご安心を)

 

送金のやり方は簡単で、画面右上の青いボタン「SEND」を押します。

 

  1. Recipient Address に入金先のアドレスを入力
  2. Transaction Amount に送りたいLSKの額を入力
  3. 入力が完了したら「SEND」をクリック。
例:ビットフライヤーに送る場合の入金先アドレス

入出金 → LSKお預入れ → お客様用リスクアドレスの入金アドレスをコピーしてRecipient Addressに貼り付けましょう。

 

無事、送金できたら緑色のSuccess画面が表示されます。

これで送金完了です。

※ちなみにビットフライヤーへの入金の場合、セキュリティの確認などで着金まで最低1時間かかります。

ビットフライヤーで取引をしたい場合は余裕をもって送金するようにしましょう。 

 

リスクウォレットの送金手数料

リスクを送金する際の手数料は0.1LSKです。

 

lisk nano walletのセキュリティ強化設定方法(でも注意してね)

 

Lisk nano walletのセキュリティを強化する方法がありまして、

それが第二のパスフレーズを設定する方法です。

ただ第二のパスフレーズを設定するには5LSK払う必要があります。

2018年2月の時点で1LSK2,000円以上なので円にすると1万以上。

10,000円はちょっと…第二のパスフレーズなくても大丈夫!という人は設定せずに、通常のパスフレーズを厳重に保管しましょう。

 

第二パスフレーズの設定方法をお伝えすると、

リスクウォレットの画面右上の赤い枠で囲った部分をクリックしてください。

次に「Redister second passphrase」をクリック。

「NEXT」を押して第2パスフレーズの設定を行います。

最初に登録したパスフレーズと同様に、マウスを横にカチャカチャ動かすと青いラインが右に移動します。

全て移動し終わったら「NEXT」を押すと12桁の第二パスフレーズが作成できます。

ちなみに紹介はしましたが…私は第二パス設定してません。

※Googleの二段階認証のような形ではなく、第二パスフレーズも最初に登録した12桁のワードによるパスフレーズ。 

勇者コイン
最初に作ったパスフレーズと第二のパスフレーズ2つ分別々で保管してリスク分散することになるので。

毎回ログイン時に2つのパスを入力するのが手間なのと、どちらか紛失したときに開けなくなる方がリスクだな!と思ったので(リスクだけに)。私は登録しませんでした。

同じように考えてる方は第二パス設定しなくて良いかと思います。

 

Liskには保有数に応じて枚数を増やすVOTEという仕組みがある

 

既にLiskを買った時点でご存知かもしれませんが、LiskにはVOTEという仕組みを使って、リスク(LSK)の枚数を増やす方法があります。

この記事を書いてる時点では月に0.9%のリターン。例えば1,000LSK持っていたら約9LSKが入る仕組みです。

※保有数に応じたリターンなので、ウォレットに入れてるLSKが少ないとリターンが少ない

 

詳しくはこちらのVOTEに関する記事に書いてますので参考に。

lisk(リスク)のvoteのやり方や報酬の確認方法まで完全マニュアル

2018.02.06

 

まとめ

Lisk(リスク)のウォレットを作るならおすすめは「Lisk nano wallet」

そして送金方法や、入金方法をまとめました。

 

Lisk nano walletを取り扱う上で注意事項としては、最初に設定したパスフレーズを絶対に忘れない(紛失しない)ように保管するように。

もしパスフレーズが分からなくなると、ウォレットを開くことができなくなります。

パスフレーズの管理だけ気を付ければ、画面も分かりやすくて使い勝手が良いので重宝するウォレットです。

3 件のコメント

  • こんにちはリスクナノウォレットの作成方法とても分かりやすかったです。
    私の場合イニシャライズアカウントの表示までは出るのですが、自分のアドレスへ1リスク設定してSENDを押してもエラー Invalid transaction timestamp.Timestamp is in the future. が表示されその先へ進めません。
    ビットフライヤーからリスクの送付は出来でおり既にウォレットに500LISK入ってます。
    今現在はビットフライヤーへも同様のエラーが出ており戻せない状態です。

    • こんにちはロンさん。ウォレットをインストールしたPCの時刻を現在の時刻に調整したら直ってる人がいましたので、そちら確認してみてください。よろしくお願いします。

      • 勇者コインさん、こんにちは
        時計設定time.windows.comと自動同期させたところイニシャライズうまく行きました。
        今回、暗号通貨を外部ウォレットへ移動させた事も初めてで分からないことだらけで勇者コインさんのアドバイス非常に感謝です。
        今度はVOTEにも挑戦してみます。
        ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です