イーサリアムの特徴や購入方法・おすすめの取引所など一挙公開!

勇者コイン
こんにちは!勇者コインです。

今回は、イーサリアムについて詳しく解説します!

戦士イース
ちょっと待って! あなたイーサリアムのことについて本当にわかっているの?
勇者コイン
とりあえずはわかっているつもりだけど・・・。
イース
本当に大丈夫なの? 頼りないわね・・・う〜ん、しょうがない、今回は私が手伝ってあげるわ。 イーサリアムのことなら私にまかせておきなさい!
勇者コイン
おー頼もしい!よろしく頼みます。
イース
それじゃ、早速はじめるわよ!

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサ
まず、ここではイーサリアムの基本的な仕組みについて解説するわ。意外と理解が曖昧な人も多いのよね。

分散アプリケーションプラットフォーム

イーサリアムは、分散アプリケーションプラットフォームです。

要するに、イーサリアムのブロックチェーン上で誰もがアプリケーションを作成して、走らせることができます。

これらのアプリケーションをDapps (Decentralized Applications)と呼びます。

イース
Dappsの実例はこのサイト(State of the Dapps)から見ることができるのよ。
勇者コイン
ギャンブル、クラウドファンディング、保険などのアプリケーションが多いね。
イース
書き換えられると困る数値の管理をするアプリケーションを作るにはイーサリアムが適しているということね。

もし、興味があれば、アプリケーションをクリックしてそのサイトを訪問してみましょう。より詳細な情報を見ることができます。

イーサリアムの開発はとても自由度が高いです。

これは、EVM(Ethereum Virtual Machine)と呼ばれる実行環境に支えられています。

イース
また、開発言語であるSolidityは、「チューリング完全」だといわれているわ。
勇者コイン
チューリング完全?
イース
どんなプログラムでも記述できるって意味よ。その結果、ありとあらゆるアプリケーションを作成することができるわ。
勇者コイン
イーサリアムのブロックチェーンを使って、開発するメリットはあるのか?
イース
いい質問ね。そうね・・・「ゼロ・ダウンシステムの実現」や「不正の防止」などが考えられるわね。

イーサリアムのブロックチェーンを利用するためには、ETH(イーサ)と呼ばれる通貨を使います。

これは、GAS(ガス)とも呼ばれます。

もし、GASがなければ、無限にプログラムを実行できてしまい、イーサリアムのネットワークがパンクしてしまうため、GASという利用料を必要とすることで、システムを維持しています。

勇者コイン
まさにガスはイーサリアムの燃料なのだな。

また、GASは、仮にプログラムが無限ループに陥ってしまった時に、GASが切れることで、プログラムを停止することができるという防止策にもなります。

スマートコントラクト

勇者コイン
イーサリアムといえば、「スマートコントラクト」だよな。
イース
その通り。スマートコントラクトを理解することは、イーサリアムを学ぶ上でとても重要よ。

イーサリアムは、ブロックチェーンに取引記録だけではなく、「コントラクト(契約)」を書き込むことができます

スマートコントラクトを利用すると、今までのコントラクトに必要不可欠だった第三者機関による保証が不要になります。

そして、当事者間で好きなようにコントラクトを結んで、それを自動執行することが可能になります。

これによって、さまざまな手間や費用を節減することができるため、非常に注目されている技術です。

イース
ただ、コントラクトというと、土地登記であったり公的手続きであったり、いわばお堅いコントラクトを想像してしまうことが多いようね。

そうすると、スマートコントラクトの応用範囲を限定してしまいがちになってしまうわ。

ポイントは、コントラクトもイーサリアムのブロックチェーン上で実行されるプログラムに過ぎないということを覚えておいて。

そして、コントラクトの自動執行とは、ブロックチェーン上でプログラムが実行されることよ。

勇者コイン
なるほど・・・そう考えると、スマートコントラクトがとても柔軟性がある仕組みだとわかるな。
イース
実際のコントラクトを見たければ、Contracts – etherchain.org – The ethereum blockchain explorerにアクセスしてね。より具体的なイメージが湧くはずよ。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサ
イーサリアムとビットコインの違いを表にまとめてみたわ。
ビットコインイーサリアム
①使用用途送金・決済プラットフォーム
②通貨単位BTCETH(イーサ)
③創案者Satoshi NakamotoVitalik Buterin
④開始年月2009年1月2014年7月
⑤管理者不在不在
⑥開発ビットコインコアETH DEV
⑦マイニング方式PoWPow → PoS
⑧発行上限2100万BTC未発表
⑨ブロック作成時間約10分約12秒

① 使用用途
イーサリアムとビットコインの決定的違いは、ビットコインが「送金・決済のための(仮想)通貨」であることに対して、イーサリアムは「開発のプラットフォーム」であることです。

勇者コイン
イメージとしてはこんな感じか?
イース
そうね、そのイメージで大丈夫よ。

② 通貨単位
ビットコインはBTCという通貨単位を使います。

イーサリアムはETH(イーサ)です。

勇者コイン
ETH(イーサ)は、プラットフォームを使うための使用料金だったな。

③ 創案者
ビットコインの創案者は、謎の人物であるSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)です。

未だにその正体は明らかになっていません。

イーサリアムの創案者は、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)というロシア出身のハッカーです。

彼は、ビットコインのシステムに感銘を受け、研究に勤しんだ後、独自の構想を持って、イーサリアムを考え出しました。

④ 開始年月
イーサリアムの開発は、2013年頃から始まり、2014年7~9月には、ICO(Initial Coin Offering)という資金調達方法で、約16億円弱の資金を獲得しました。

ICOとは、「仮想通貨」や「トークン」を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。 
勇者コイン
ICOの成功事例として、話題になったことを覚えているぞ

 

⑤ 管理者
管理者は、ビットコインもイーサリアムも不在です。P2P(Peer to Peer)ネットワークにより、民主的に管理されています。

⑥ 開発
ビットコインの開発は、「ビットコインコア」と呼ばれる人たちによって行われています。

イーサリアムの開発は、「ETH DEV」という団体と、世界中の有志により、行われています。

⑦ マイニング方式
マイニング方式(コンセンサス・アルゴリズム)は、現時点では、ビットコインとイーサリアムも同じPoW(Proof of Work)という仕組みが採用されていますが、イーサリアムは将来的にPoS(Proof of Stake)という仕組みに移行することが予定されています。

イース
PoS(Proof of Stake)については、また後で紹介するわ。

⑧ 発行上限
発行上限は、ビットコインが2100万BTCと明らかになっていることに対して、イーサリアムの発行上限は明らかになっていません。今後、この点について発表があるかもしれません。

⑨ ブロック作成時間
ブロック作成時間は、ビットコインが約10分かかるのに対して、イーサリアムは約12秒です。

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨です。

ブロックチェーンにおいて、ブロックチェーンが分岐することを「フォーク」と呼びます。分岐が合流することなく永久に続くものをハードフォーク、一時的な分岐をソフトフォークと言います。 
イース
どうしてイーサリアムが分岐(ハードフォーク)したのかわかる?
勇者コイン
「The DAO事件」か!
イース
その通りよ。ここでは、「The DAO事件」について、説明するわね。

「The DAO事件」とは、2016年6月に起きたイーサリアムをベースにしたプロジェクトへのハッキング事件です

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは、管理者不在であらかじめ定められたルールに則って意思決定を行う組織のことをいいます。

The DAOは「自律分散型投資ファンド」のことです。

The DAOは、ICOにより資金調達を行いました。

つまり、「DAO」と呼ばれる仮想通貨(トークン)をETH(イーサ)で購入することで、The DAOへの参加を認めたのです。

この結果、約150億円の資金を集めて、大きな注目を浴びました。

順調な滑り出しと思われましたが、「The DAO事件」が起こります。

ハッキングにより、約65億円のETH(イーサ)が盗まれてしまったのです。

その対応として、コミュニティーは攻撃をなかったことにするハードフォークを実行しました。

しかし、ハードフォークすることは、イーサリアムの理念に反すると主張したグループがイニシアティブをとって、イーサリアムクラシックが誕生しました。

イース
要するに、「The DAO事件」以前のイーサリアムと全く同じアルゴリズムで動いているのがイーサリアムクラシック。「The DAO事件」によって仕様変更されたアルゴリズムで動いているのがイーサリアムよ。
勇者コイン
イーサリアムとイーサリアムクラシックに機能的な違いはあるのか?
イース
イーサリアムとイーサリアムクラシックは、ハッキングに対応する方法の違いによって、分かれた通貨だから、機能的にはそれほど大きな違いはないといわれているわ。

ただ、イーサリアムの方が、ステークホルダーや資金が多いという意味では、優位性があると考えることもできるわね。

イーサリアムの価格や相場・チャート

勇者コイン
イーサリアムの現在の価格と時価総額(MARKET CAP)については以下の通りだ。

時価総額はビットコインに次いで2位の位置をキープしている。

イーサ
次はチャートを見てみましょう!
勇者コイン
2017年5月からの伸びが凄まじい・・・。
イース
それと他に気づいたことはない?
勇者コイン
他に何かあるのか・・・?
イース
しょうがないわね。ヒントを教えてあげるわ。

イーサリアムのチャートにビットコインのチャートを重ねてみなさい。

赤いラインがビットコインよ。

勇者コイン
ビットコインを? ・・・ハッ!価格が連動している!
イース
やっとわかったのね・・・!

そう、ビットコインとイーサリアムのチャートの動きには、相関関係がみられるわ。

もちろん、これはただの偶然かもしれないけど、投資を判断する材料にはなるわね。

イーサリアム(Ethereum)の購入方法

おすすめの取引所

イーサリアムを扱っている取引所の中でおすすめなのは、coincheckです。

勇者コイン
私もcoincheckでイーサリアムを購入している。
イース
奇遇ね・・・私もcoincheckを利用しているわ。

coincheckのイーサリアム販売所を使えば、日本円で簡単にイーサリアムを購入することができます。

この場合のイーサリアムの販売元はcoincheckになるので、coincheckのレートで取引することになります。

イーサリアムをおすすめしてる人の声

勇者コイン
あのホリエモンも早い段階で、イーサリアムに可能性を感じていたということか・・・!
イース
さすが、ホリエモンね。彼のような有名人の発言についても、注視していると良いのかもしれない。
イース
ビットコインも確かに凄いけれども、私はイーサリアムのポテンシャルを信じているわ。
勇者コイン
EEAには名だたる企業が参加しているようだな・・・!
イース
そうね。その事実だけでもイーサリアムの価値が高いことを証明しているわね。

イーサリアムは今後どうなっていくのか?

勇者コイン
ズバリ、イーサリアムは今後どうなっていくんだ?
イース
難しい質問ね。一般的には、よりスマートコントラクトの技術が浸透していき、長期的には価値を増していくでしょうね。ビットコインの市場規模を追い抜くと言っている人もいるくらい。

ただ将来について完全に予測することは不可能よ。

ここではネガティブな話題として「ICOバブルの持続可能性」を。

ポジティブな話題として「イーサリアムの大型アップデート」の説明をするわ。

イーサ
まずは、「ICOの持続可能性」について、話さなければいけないわね・・・。

現状、イーサリアム上のICOプロジェクトが数億、数十億円といった多額の資金調達を成功させています。ただ、ICOプロジェクトの大半は、将来的に失敗すると考えられています。これは、業界内部の人たちからしたら共通認識でしょう。

冷静に考えてみてください。まだ何も始まっていないプロジェクトが、レイアウトの綺麗なウェブサイトと綺麗事が並べてあるホワイトペーパー(プロジェクトの概要書)を書くだけで、多額の資金を調達できる状態は完全に異常といって差し支えありません。

イース
今のICOの状況は、中長期的にみれば持続不可能だとわかるわね。

もし、ICOバブルが弾けた時、イーサリアムの価格がどうなってしまうのか・・・。考えるだけで恐ろしいわ。

また、アプリケーションのバグをついたハッキングが発生するリスクも日に日に増えています。

勇者コイン
また、「The DAO事件」のようなことが起きれば、イーサリアムの価格は大きく下げるだろうな・・・。

イーサリアムを支持する方は、現在の状況について、冷静に分析した上で、投資を行うことが賢明でしょう。

イース
ICOのリスクは確かに怖いけれど、イーサリアムにとってポジティブな話題もあるのよ。

それが、イーサリアムの大型アップデート!

イーサリアムは9月末に「メトロポリス」という大型のアップデートを予定しています。

そもそも、イーサリアムには4つの開発段階があります。

  1. フロンティア(Frontier)
  2. ホームステッド(Homestead)
  3. メトロポリス(Metropolis)
  4. セレ二ティ(Serenity)

このうちフロンティアとホームステッドはすでに完了済みです。

今回のメトロポリスでは、4つの変更がなされるといわれています。

1つ目は「プライバシー保護強化」です。

ユーザーがより高いレベルで匿名取引(トランザクション)を実行することが可能になり、プライバシー保護が強化されます。

2つ目は「スマートコントラクトの簡略化によるコスト削減」です。
イーサリアムを使ったプログラミングとスマートコントラクトの記述が簡略化され、プログラマーの負担が軽減されます。

3つ目は「セキュリティ強化」です。
ユーザー自身で秘密鍵を持つアドレスを決めることができ、セキュリティを強化します。

これは、マスキングと呼ばれる技術です。

勇者コイン
「The DAO事件」などのハッキング被害も受けているから、セキュリティ強化は喫緊の課題だな。

4つ目は「マイニング方式移行(PoW → PoS)のための準備」です。

ETH(イーサ)のマイニングにおけるコンセンサス・サルゴリズムがPoW(Proof of Work)から「Proof of Stake」に変更するための準備が行われます。

イース
PoS(Proof of Stake)は、PoW(Proof of Work)の以下のような問題点を解決するコンセンサス・アルゴリズムだといわれているわ。
  • 一部のグループによる中央集権化が起こる可能性
  • 51パーセント問題により不正が起こる可能性
  • マイニングによる電気代がかかる
勇者コイン
PoSについては、私から説明しよう。

ざっくり解説すると、PoWは、「最も計算(仕事)をした人」が報酬をもらえる。

一方、PoSでは、「所有している通貨の量」によって、報酬が決まる仕組みになっているんだ。

ひとまず、「メトロポリス」によってイーサリアムがどのような値動きをするのか、注目して見守りましょう。

 

随時追記!イーサリアムに関する今後の情報

2017年10月31日にAmazonが仮想通貨に関するドメインを3つ取得してます。

その3つとは以下の通り。

 

  • amazonethereum.com
  • amazoncryptocurrency.com
  • amazoncryptocurrencies.com

 

cryptocurrency、cryptocurrenciesについては暗号通貨の英訳になりますが暗号通貨の中で更に名出しで「イーサリアム」を取得してます。

それだけAmazonが相乗効果を上げられる期待の通貨であると言えるかもしれません。

 

まとめ

 

勇者コイン
イース、今回は私の代わりに、イーサリアムについて説明してくれて、とても助かった。ありがとう。
イース
べ、別にあなたのためじゃないんだから・・・! 魔王退治の仲間として協力しただけよ! 勘違いしないで!照
勇者コイン
(??? なんでそんなに慌てているんだ・・・。まあ、いいか。)

今回は、これでおしまい。

お疲れ様でした!

Twitterで勇者コインを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です