12月12日ビットコインプラチナ(Platinum)分裂!ビットコインとの違いや将来性、付与する取引所は?

ビットコインプラチナは韓国の高校生が値上がり後の売却を狙った詐欺フォークと判明しました。

以下の情報は詐欺と判明する前の情報になります。

勇者コイン
お騒がせすぎ・・・

以下、記事はそのまま残してますが、実在しない通貨になります。

 

こんにちは勇者コインです!

ゴールド、ダイヤモンド、プラチナと来て「ポケモンかよ。」と突っ込みを入れた人も多いのではないでしょうか。

今回はビットコインシリーズ最新作ビットコインプラチナの分裂時期やビットコインとの違いについて話をしていきたいと思います。

 

ビットコインプラチナの延期

 

ビットコインプラチナの分裂は延期になって12月12日に分裂することに。

ビットコインプラチナの公式ホームページでも、

これまでにできる最高のBitcoin。

2017年12月12日、私たちはBitcoinに新しい人生の呼吸をさせます、と声明。

ただ一度延期してるので、また延期される可能性は無きにしも非ず。

という状況です。

 

ビットコインとビットコインプラチナの違い

 

さて分裂するビットコインプラチナ(プラチナムとも言う)についてですが、実際どんな通貨なのか。

ビットコインとビットコインプラチナの違いを比較すると分かりやすいと思います。

表にまとめると以下の通り。

ビットコインビットコインプラチナ
発行枚数2,100万2,100万
管理体制非中央集権非中央集権
ブロックサイズ 1MB2MB
ブロック処理SegwitSegwit2x
ブロック生成10分ごと10分ごと
 主なマイニング ASIC GPU

 

発行枚数や銀行のように通貨を管理してる人がおらず、非中央集権なところはどちらも同じです。

 

違いはビットコインのブロックサイズが1MBだけど取引情報のサイズを小さくして処理能力を高めたSegwitに対して、

ビットコインプラチナはSegwit2xというSegwitの機能に+α、ブロックサイズを大きくして更に多くの取引ができるような仕組みを取り入れてること。

 

ビト
ちょっとよく分からないんだけど、ブロックサイズの大きさの違いによって何の取引がかわるの?
勇者コイン
簡単に言うと送金と着金の時間が変わんだよ。

ブロックサイズが小さいと処理に時間かかるから、ビットコインを送金してもなかなか着金しないって問題が出てきてしまう。

でもブロックサイズが大きいとたくさん処理できるから、処理のスピードが上がって送金と着金のスピードも上がるんだよ。

 

つまり、ビットコインよりもビットコインプラチナの方が、より早く取引ができます。

 

またマイニング方法をGPUに絞ることで、中国など大手のマイナー軍団による独占マイニング市場を緩和しようとしてるのがビットコインプラチナです。

ビットコインのマイニングには専用のASICというマイニング機械が主に使用されてます。

 

ただ現状、ビットコインのマイニングに参入してる人も増えておりASICでマイニングするまでに電気代が高くついたり、PCを数十代用意しないとマイニングできない、という問題が発生してます。

 

そのため中国の場合、電気代が安い。日本と比べても電気代は8分の1。

しかも噂では国からマイニング補助金のような制度がある。

ということからビットコインのマイニングは中国が独占してるのが現状です。

 

これだと実際には本来平等を謳ってる非中央集権のハズが、中央集権になってしまうよね。

っていう問題を解消するためにビットコインプラチナがマイニング方法に採用したのがGPU。

 

GPUの場合、ASICのように電気代がかからず一般の人でも買ってマイニングできる機械です。

ASICによるマイニング方法をなくすことで、電気代がかからない国に独占されることを防ぐことができます。

 

ビト
じゃあ、ビットコインよりも誰かに独占されることもないし、取引スピードも速いビットコインプラチナの方が良いんじゃないの?
勇者コイン
良いか悪いかは一概には言えないんだけど、ビットコインは基軸通貨として広く知れ渡ってるので、

プラチナに時価総額が抜かれるかどうかは微妙なところ。

 

ビットコインプラチナの将来性

ビットコインプラチナが今後どうなっていくのか?

すでにハードフォークのあったビットコインゴールドとビットコインダイヤモンドを比べると、ダイヤモンドよりも時価総額は大きくなる可能性はあります。

  • ビットコインゴールド ⇒ 発行枚数2100万枚・GPU

時価総額6位

  • ビットコインダイヤモンド ⇒ 発行枚数2憶1000万枚・GPU

時価総額1029位

※2017年11日現在

 

ビットコインプラチナもゴールドと同様の2100万枚の発行枚数で、似た通貨なので同じように上がる可能性も。

ただハードフォーク続きで、同じようなコインなので長期的に成長するかは微妙なところ。

短期的に上がったところで他の通貨に変えるという選択肢もありかもしれません。

 

ビットコインプラチナが付与される取引所はどこ?

2017年11月30日現在、まだビットコインプラチナが付与される取引所は決定してません。

※2017年12月10日追記

公式TwitterのBitcoin Platinumより。

 

まとめると付与のサポートをしてる取引所は、上記の通り。

and moreということで、他の付与対象の取引所についてはまだわからないという状況です。

 

また状況分かり次第、記事を更新します。

 

まとめ

 

  • ビットコインプラチナは12月12日に分裂(予定)
  • ビットコインプラチナはビットコインよりも処理スピード早い
  • ビットコインのように長期的に上がるか不明だが、短期的にビットコインゴールドのように価値が上昇する可能性はある
  • 付与予定の取引所はbithumbなど現在6つの取引所で対応

Twitterで勇者コインを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です